男性たち

債務整理をするには

借金問題は、相談をすることが解決につながる第1歩です。公的機関、各団体に相談センターがあるなど利用しやすくなっており、ここでは弁護士など法律の専門家からアドバイスを受けることができます。心掛けたいのは正確に状態を伝えることがあり、内容をしっかり伝えることが適切なアドバイスにつながります。

天秤

実績で選ぶと安心できる

借金の相談をするなら、この問題をこれまで多く扱ってきた弁護士を選んだほうが良いです。その方が依頼者にとってベストな解決策を提案してもらいやすくなりますし、仕事を依頼する場合でもスムーズに対応してもらうことができるからです。

バッジ

返済のお悩み

借金の返済に困っている、しかしプライベートなことなので家族はおろか知人や友人にも相談することができない、そういった場合には弁護士に相談をすることです。任意整理という手段で法的に借金問題を解決させることができます。

ジャッジガベル

個人でも請求はできる

過払い金請求は、弁護士に借金相談をしなくても個人で行うことができます。費用はかかりませんが、要求に応じてくれなかったり請求できたとしても当初の予定額を大幅に下回ることもあります。満額回収を目指すなら弁護士に依頼することです。

弁護士

弁護士依頼のメリット

借金相談を弁護士に依頼するメリットは、現在延滞中で毎日督促の電話や督促状が届くという場合にその督促をストップさせることができます。債権者との交渉もすべて弁護士が対応してくれますので、和解成立まで待つだけです。

返済負担を楽にする

女性

手続きの流れと必要書類

借金返済でお困りの方は、弁護士に相談をされるのが解決する近道です。現在抱えているキャッシングやカードローンの支払いが困難であれば、おまとめローンや借り換えローンを利用するといった手段があります。しかし、審査がありますので絶対に利用できるとは限らず、審査に通ったとしても金利の下げ幅が少ないと、微々たる効果しか得られないこともあります。それであれば、借金は弁護士に相談して事故情報は付いてしまいますが任意整理で解決する方法があります。任意整理とは、裁判所を通さずに弁護士が債務者と債権者との間に入り、借金減額や返済計画について交渉をする手続きです。減額された借金を無理のない返済金額で返していくことができます。まずは、最寄りの弁護士事務所に相談をすることです。相談する前に事前に予約が必要になります。そして、面談日当日に必要なものがあります。それは、身分証明書(運転免許証、健康保険証など)、印鑑、そして借入先のクレジットカードやキャッシングカードです。そして、相談をして実際に受任してからは、後は弁護士が債権者から取引履歴を取り寄せ、利息制限法以下に引き直し過払い金が発生していないかどうか確認します。債務が残る場合には、債権者と交渉し月々返済可能な金額を考慮して分割払いによる和解案を作成し債権者に送付します。調印して和解成立してから、返済スタートとなります。和解成立するまでは返済は一時ストップし、督促もストップします。

Copyright© 2018 借金で困ったら相談をしよう|弁護士に相談をされるのが解決する近道 All Rights Reserved.