個人でも請求はできる

ジャッジガベル

過払いに強い弁護士

過去に消費者金融等の貸金業者からしていた借金、もしかしたら過払い金が発生しているかもしれないのです。特に2010年以前から取引のある方であると、29.2%に近い金利で契約をされていた方がほとんどですので、利息制限法の上限金利(限度額に応じて15%〜20%)を超える金利は違法な金利なのです。そのため利息を払い過ぎているので請求すれば取り戻すことができます。借金のことで消費者金融と交渉するとなると、弁護士を入れたほうがよいのですが、個人でも行うことができます。その方が弁護士への相談費用も支払わなくていいので取り戻した過払い金はそっくりそのまま自分の手元に入ります。しかし、業者との交渉が意外と難しいのです。完済しては借りて、完済しては借りてを繰り返している取引であるとそれを一連の取引とみなすのか個別の取引とみなすのかで争点となります。そうなると法的知識が必要になります。また、29.2%全盛の時代にあなたは23%と有利な金利だったんですよと強気に出られて返還に応じてくれないこともあります。そんため労力を使います。また、和解できたとしても当初の請求額よりも減って要求の半分くらいしか取り戻せないこともあります。ここは弁護士に相談をすることです。借金問題に強い弁護士相談をすれば、過払い金請求だけでなく債務整理のノウハウや実績は豊富にあります。借金に相談は、専門家に依頼した方が手続きもスムーズに進みます。

Copyright© 2018 借金で困ったら相談をしよう|弁護士に相談をされるのが解決する近道 All Rights Reserved.